1.不動産競売とは?

裁判所が、債務の支払が出来なくなった人などの不動産を売却し、その売却した代金を債務の支払いにあてるための制度です。競売は地方裁判所が管轄しており、入札にはだれでも自由に参加できます。

 

参加希望者は一定期間内に裁判所に対して入札し、入札をした人の中で、一番高い価額をつけた人が最高価買受買受人となります。買受人は、裁判所の指定した期日までに代金を納付すれば、裁判所の職権により所有権を取得します。

 

2.不動産競売の活用

競売物件は一般市場価格に比べて2~3割程度安く手に入れることができるため、不動産会社をはじめ、様々な企業や団体、一般消費者も参加しているようです。

  • 一戸建て住宅、マンションなどのマイホーム用として
  • 賃貸ビル、ワンルームマンションなどの高利回りの収益物件として
  • キャピタルゲインを見込める投資用不動産として
  • 別荘、セカンドハウス、経費を抑える事業用物件として 

3.不動産競売のメリットとデメリット

メリット

  • 一般市場価格に比べて、安く購入することができる
  • 登記費用がかからず、裁判所が所有権移転をしてくれるので安心
  • 消費税がかからない

デメリット

  • 物件の調査(下見)が困難
  • 現状渡しのため、購入後の保証がない
  • 入札期間が短い
  • 自己資金が必要
  • 希望物件が必ず希望の価格で購入できるものではない